トップへ

◆VS真空容器(食品 真空 密閉 保存 容器)の直販ショップ です。 お買い得製品情報/キッチン便利情報も満載!   

ホームショップ製品価格表通信販売法に基づく表記お見積もりお取扱店パーツセンター真空容器って?

究極の電子レンジ用真空保存容器をお買い求め頂けるウェブショップもあります。お帰りにはぜひお立ち寄りください。ウェブショップ製品情報お見積小売店情報



方法はとっても簡単
なぜできるの  

家庭の味がいっぱいつまったお惣菜を
いつもより多めに作って2週間冷蔵庫で安心保存。
試験報告 第 NA397110319-004 号  保存試験             
1 依頼者   光金属工業株式会社
2 検  体  真空密閉保存容器
3 試験目的
 検体に大腸菌(0157H7)の菌液を接種したハンバーグ(依頼者持込み品)を入れて電子レンジ処理し,保存試験を行う。
4 試験概要
 大腸菌(0157H7)の菌液を接種したハンバーグを検体に入れ,電子レンジで2分間処理した。次に,検体のフタの中央部を23回押して密封した後,5±1℃ 5日間保存し,生菌数を測定した。また,平行測定で2回試行した。
5 試験結果
 結果を表-1に示した。

-1 保存試験結果

試 験 菌

測  定

ハンバーグ1g当たりの
生菌数

  大腸菌
0157:H7              
菌液接種直後

1.3×106

1.8×106

電子レンジ2分間処理後

<10 <10
5℃ 5日間保存後 <10 <10

                          <10:検出せず

6 試験方法
1
)試験菌株
      Escherichia coli ATCC43888
            (大腸菌
0157H7,ベロ毒素非産生株)
2)試験培地
      
NA培地:普通寒天培地[栄研化学梶n
      
DA培地:デスオキシコーレイト培地[栄研化学求n
3)菌液の調製
 
NA培地で37±1℃・1624時間前培養した試験菌株をNA培地に再度接種して37±1℃・1620時間培養した菌体を生理食塩水に均一に分散きせ,1ml当たりの菌数が約107となるように調製した。
4)試験操作
 検体に冷蔵(
5℃)しておいたハンバーグ(依頼者持込み品:重さ約6570g,直径約6cm 厚さ約2cm1個を入れ,菌液07mlを接種し,これを電子レンジ (発振周波数2,450MHz,出力500W)で2分間処理した。次に,検体のフタの中央部を23回押して密封した後,5±15日間保存した。また,平行謝定で2回試行した。
5)生菌数の測定
 菌液接種直後・電子レンジ
2分間処理後及び55日間保存後にハンバーグの生菌数をDA培地を用いた寒天平板培養法(3524時間培養)により測定し,ハンバーグ1g当たりに換算した。
 

試験:財団法人日本食品分析センター

 

試験報告 第 NA397030292-2 号   保存試験         
1 依頼者      光金属工業株式会社
2 検  体     真空密閉保存容器
3 試験日的
  検体に入れた米飯に大腸菌、黄色ブドウ球菌及びサルモネラの菌液をそれぞれ接種し、電子レンジ処理し、保存試験を行う。
4 試験概要
   検体に入れた米飯に大腸菌、黄色ブドウ球菌及びサルモネラの菌液をそれぞれ接種し、電子レンジで90秒間処理した後,フタの中央部を2〜3回押して密封し,5±1℃ 5日間保存した。これらの菌液接種直後、電子レンジ処理後及び5℃保存後の生菌数を測定した。なお、平行測定で2回試行した。
5 試験結果
      結果を表−1に示した。

表−1 保存試験結果

試 験 菌

測  定

米飯米飯1g当たりの生菌数



大腸菌

菌液接種直後

4.3×105

5.1×105

電子レンジ90秒間処理後

<100 <100

5℃ 5日間保存後

<100 <100



黄色ブドウ球菌

菌液接種直後

6.9×105

4.0×105

電子レンジ90秒間処理後

<100 <100
5℃ 5日間保存後 <100 <100



サルモネラ

菌液接種直後

2.6×105

2.5×105

電子レンジ90秒間処理後

<100

<100

5℃ 5日間保存後

<100

<100

                            <100:検出せず

6 試験方法
1)試験菌株
      Escherichia coli IFO 3972(大腸菌)
      Staphyloccus aureus IFO12732(黄色ブドウ球菌)
      Salmonella enteritidis IFO3313(サルモネラ)
2)試験培地
      NA培地:普通寒天培地[栄研化学梶n
      DHL培地:DHL寒天培地[栄研化学梶n
      EY培地:エッグヨーク食塩寒天培地[栄研化学求n
3)菌液の調製
 NA培地で37±1℃,16〜24時間前培養した試験菌株をNA培地に再度接種して 37±1℃・16〜20時間培養した菌体を生理食塩水に均一に分散させ,1ml当たりの菌数が約107 となるように調製した。
4)試験操作
 検体各2個に,炊飯後室温まで冷却した米飯160gを入れ,それぞれ菌液1.6mlを接種し,よく混合した。これらを電子レンジ(発振周波数2,450MHz,出力500W)で1.5分間処理した後,フタの中央部を2〜3回押して密封し,5±1℃5日間保存した。
5)生菌数の測定
@ 大腸菌及びサルモネラ
 菌液接種直後,電子レンジ処理後及び5℃保存後に米飯の生菌数を、DHL培地を用いた平板塗抹培養法(37℃1日間培養)により測定し,米飯1g当たりに換算した。
A 黄色ブドウ球菌
 菌液接種直後,電子レンジ処理後及び5℃保存後に米飯の生菌数を、EY培地を用いた平板塗抹培養法(37℃2日間培養)により測定し,米飯1g当たりに換算した。

試験:財団法人日本食品分析センター
TOPへ

 

の他、数々の食品保存試験の結果は 真空容器はほんとに安全 をご覧下さい。